遺品整理をして思い出や気持ちを整理しよう

大切な人の思い出を整頓しよう

大切な人を亡くした時、家にある故人の遺品を見ていると様々な思い出が蘇ります。その思い出の1つ1つを、遺品整理を行うことで整頓していきましょう。また、悲しい気持ちも少しずつ勇気づけてくれるきっかけづくりにもなります。

比較することで分かる業者と個人の違い

業者にお願いすることで精神的負担を減らす

大切な人を亡くした後では、どうしても悲しみが大きくなります。また、葬儀などの手配も行わなくてはならないため、家族の精神的負担が大きくなってしまいます。業者に依頼することで、その負担を減らすことができます。

個人で行うことで思い出を整理することができる

故人の遺品には、家族それぞれの思い出があります。そのため、1つ1つを整理することで、楽しかった思い出や嬉しかった思い出を思い返すことができ、思い出や気持ちの整理をすることができます。

遺品整理をして思い出や気持ちを整理しよう

女性

地方でも業者にお願いすることで安心

どうしても今自分が暮らしている場所から、故人の自宅が離れている場合、遺品整理で何度も通うわけにはいきません。そんな時は遺品整理業者にお願いしましょう。1つ1つの遺品をスタッフが丁寧に整理して、必要なものと不要なものに分けてくれます。また、手続きを行うことで必要な遺品を郵送することもできます。

ダンボール

清掃まで行ってくる事がある

故人の中には、発見されるまでに時間がかかってしまった方もいます。自宅などではリフォームなども考えることができますが、賃貸の場合はそうはいきません。そういった際の遺品整理では、特殊清掃も行ってくれます。掃除だけでなく除菌や消臭対策も行ってくれるため、困った時には業者へ相談してみましょう。

ダンボール

買取も行っている業者が多い

遺品整理の中には不要だが、まだまだ使うことができるという品も多くあります。多くの遺品整理業者では、遺品整理と共に、買取作業も同時に行なっています。買取査定で出た金額分を料金割引にしたり、その場で現金と交換する事もあるため、業者に買取について問合せてみるのもいいかもしれません。

遺品整理業者へ依頼する流れ

障子

業者へ連絡をいれる

まずは業者へ連絡をいれましょう。この時に部屋の大まかな間取りや家具などを伝えておくといいかもしれません。作業を行ってほしい日を予約することができるため、希望する日を確認してみましょう。また、この時に特殊清掃の依頼や買取依頼も行なうことができます。

当日にスタッフが訪問

当日には複数のスタッフが訪問します。基本的には立ち会いが必要になりますが、地方などの離れた環境やどうしても立ち会うことができない場合は、事前に鍵を預けておく必要があります。また、どういった物が必要不必要という事も事前に伝えておきましょう。

完了後は確認をお願いする

遺品整理と清掃が完了すると、作業は完了になります。立会の際には現場確認を行なってもらい、問題がないかを見てもらいます。立会がない場合は、スタッフから事前に聞いていた連絡先に完了の電話と部屋の写真が送られてきますので、それを確認してもらいます。