墓じまいを行って自分が住んでいる近くに墓を移したい

墓じまいを行って自分が住んでいる近くに墓を移したい

花

墓じまいとはどういったことなのか

都内に住んでいて、田舎のお墓になかなか行くことができない場合、自分が住んでいる近くにお墓を移したいと考える人は多くいます。その際に元々利用していたお墓を撤去するのが「墓じまい」といわれています。先祖代々使っていたお墓を手放すのは悩む点にもなりますが、近い場所にお墓を移すことで、頻繁にお墓参りを行うことができるようになります。

お経

墓じまいを行なった際の遺骨

墓じまいを行う人の中には、お墓を移動させるのではなく、管理する人がいないために行う場合もあります。そうなった時、お墓に埋葬されている遺骨は処分しなくてはいけません。しかし、言葉のとおりに遺骨を処分するわけにはいきませんので、お寺さんで処理をしてくれる場合が殆どです。合同墓などで永代供養を行ってくれます。

数珠

トラブルにならないように注意が必要

墓じまいを円滑に行いたいと考える人は多くいますが、親族やお寺さんなど様々な点でトラブルが発生してしまう可能性があります。墓じまいに関しての知識をきちんと知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。また、万が一トラブルに発展してしまった場合は、司法書士などに手続きを依頼することで、冷静に対応してもらえます。

墓じまいを行なう際のトラブルをランキング

女性
no.1

親族間でのトラブル

墓じまいで一番のトラブルとされるのが、親族間での連絡不足です。自分達がお墓を受け継いだからと親族に連絡せずに墓じまいをしてしまうと、大きなトラブルに繋がります。管理などを行っているのは受け継いだ自分達ですが、親族の中には思い入れが強い人もいるため、きちんと話し合いましょう。

no.2

お寺さんとのトラブル

墓じまいを行うにあたって、お墓を置いてもらっているお寺さんに「離檀料」と呼ばれるお礼金を支払うといわれています。この離檀料は明確な金額が定められていないため、法外な金額を求められることもあります。穏便に解決したい場合は、行政書士に依頼しましょう。

no.3

石材店とのトラブル

墓じまいの際には、墓石の撤去を石材店に依頼します。しかし、いきなりお願いしますと伝えても、断られたり高額な撤去費用を要求される可能性があります。また、石材店はお寺さんと連携している事が多いため、他の石材店では依頼を引き受けてくれない事もあります。